グレンフィディック 12年

グレンフィディック 12年

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

グレンフィディック 12年

グレンフィディック12年です。

 

グレンフィディックは、スペイサイドにある醸造所で、
世界で初めてシングルモルトウイスキーを本格的に販売しました。

 

それまではブレンデッドが主流でした。

 

グレンフィディックでは、数種類の原酒をヴァッティングし、
大樽で再熟成させることで、安定的な品質のウイスキーを作ることに成功。

 

また、世界で一番飲まれているシングルモルトウイスキーともいわれ、
他の銘柄に比べると、比較的お手ごろな価格で手に入れやすいでしょう。

 

グレンフィディックは、アメリカンオークとスパニッシュオークの樽で最低12年間熟成させ、
フレッシュな洋梨のようなフルーティな香りと、複雑で上品な味わいが特徴とされています。

 

グレンフィディック 12年

 

(参考価格)
・シングルモルト
・アルコール度数 40度
・350ml 2000円
・700ml 3100円

 

 

グレンフィディック 12年の飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、フレッシュな洋ナシのフルーティさ、青リンゴのさわやかさと甘さ、
奥に若干のピート香、ウイスキーの中でもフルーティーな香りの部類です。
味は、スムーズな飲み口で、さわやかな甘さ、若干のビター感、麦芽のフレーバー。
ストレートでは、若干のアルコールの刺激を感じるも、スムーズで飲みやすいです。

 

(ロック)
香りは、一層さわやかに、マスカット、青リンゴ、ピート香はさらに控えめに。
味は、まったりとしたオイリーな甘さ、バニラフレーバー、後味は若干の苦味。
ストレートよりもアルコールの刺激は感じず、香りに反して、味はまったりです。

 

(トワイスアップ)
香りは、青リンゴが強くなり、柑橘系のフルーティな香り、蜂蜜のような濃い目の香り。
味は、果実感のある甘さと酸味、すぐ後にちょうどいいビター感。
香りと味がマッチングしている飲み方だと感じます。

 

(ハイボール)
香りは、フルーティな香りを感じるも、やや薄まってしまった感じ。
味は、若干の甘さと、ほんのりのビター感と酸味。
期待に反して、ハイボールにすると全体的に薄まってしまった感じで残念。

 

 

グレンフィディック 12年の評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆

 

フルーティーで飲みやすく、スコッチとしてはクセが無いのが
良いところでもあるし、物足りないところでもあるウイスキーです。

 

ライトなボディのウイスキーが好みの方はドンピシャです。

 

個人的には、濃い目でヘビーなウイスキーが好みなので、
自分にとっては、なんだか物足りない感じになります。

 

もうちょっと、濃い目の個性が欲しいところです。

 

ただ、初めてスコッチを飲んでみるというのであればおすすめです。

 

おすすめの飲み方は、ロックかトワイスアップがいいですね。

ウイスキー関連記事

グレンフィディック 12年(旧ラベル)
グレンフィディック 12年(旧ラベル)の飲み方とレビュー、評価