ジョニーウォーカー ブラックラベル

ジョニーウォーカー ブラックラベル

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ジョニーウォーカー ブラックラベル

ジョニーウォーカー ブラックラベルです。

 

ジョニー・ウォーカー はスコッチウイスキーの世界的に有名なブランドで、
世界でもっとも売れており、200以上の国々で年間1億2000万本売れています。

 

その中でも、ブラックラベルは、12年以上熟成しているウイスキーを、
40種類もブレンドしているぜいたくなウイスキーです。

 

イギリスではブレンデットウイスキーの最高傑作とまでされ、
日本でも「ジョニ黒」の愛称で親しまれているスコッチウイスキーです。

 

今では、お手軽に手に入れいることができますが、
昔の価格で、一万円以上もした超高級ウイスキーでした。

 

現在では、大分購入しやすくなっています。

 

ジョニーウォーカー ブラックラベル

 

(参考価格)
・ブレンデッド
・アルコール度数 40度
・200ml 750円
・700ml 2500円

 

 

ジョニーウォーカー ブラックラベルの飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、レッドラベルのときにあんまり感じなかった
フルーツのような果実の香り、ピート香もレッドラベルに比べて若干強く感じます。
味は、まずダークチョコレートのようなビター感があり、甘みと酸味、スモーキーがあります。
レッドラベルに比べて、味わいが深く厚く、ストレートがおいしい。

 

(ロック)
香りは、しまった感じの青リンゴのようなフルーティな香り、若干のピート香。
味は、甘さのすぐ後にビターな味わい、ストレートに比べてえぐみを感じます。
後は、酸味とスモーキーフレーバーをあります。
ん〜、やはりストレートのほうがうまい気がする。

 

(トワイスアップ)
香りは、強めのピート香が先に出てきて、その後にフルーティな香り。
味は、ロックよりも甘さが強く出て、そのあとにスッキリとしたビター感。
ロックのときのようなエグみは無く、フルーティな酸味やスモーキさを感じます。
ストレートよりも、味の複雑さを感じるような気がします。

 

(ハイボール)
香りは、ピートの香りと果実の香りは同じくらいで、
ハイボールにしても薄まらずに、香りがきちんと残っています。
味は、さわやかな甘さと酸味、スモーフレーバが絶妙な感じです。
ハイボールでも、結構イケると思います。

 

 

ジョニーウォーカー ブラックラベルの評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆

 

レッドラベルと比べると、ウイスキーの色も濃く、
ブレンドしている原酒の熟成年数から、香りや味わいも別格。

 

個人的には、レッドラベルと買うくらいなら、
ちょっと出してブラックラベルにしたほうが満足度は高いと思います。

 

飲み方としては、ストレート、トワイスアップ、ハイボールがおすすめです。

ウイスキー関連記事

ジョニーウォーカー レッドラベル
ジョニーウォーカー レッドラベルの飲み方とレビュー、評価
ジョニーウォーカー スイング
ジョニーウォーカー スイングの飲み方とレビュー、評価