ウッドフォードリザーブ

ウッドフォードリザーブ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ウッドフォードリザーブ

ウッドフォードリザーブは、「クラフトバーボン」や
「スーパープレミアムバーボン」という、バーボンでも高級感のある位置づけです。

 

仕込み水には、かなり硬度の高い硬水のライムストーンウォーター、
穀物の含有比率はコーン72%、ライ麦18%、大麦麦芽10%となっています。

 

また、特徴的なのは、昔ながらの木桶の発酵槽を使い、
発酵を行いますが、バーボンとしてはかなり長い6日間発酵させ、
蒸留基は、バーボンでは珍しいポットスチル蒸留で、3回蒸留を行います。

 

ウッドフォードリザーブ

 

(参考価格)
・バーボン
・アルコール度数 43度
・750mml  5000円

 

 

ウッドフォードリザーブの飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、フルーティな香りがメインで、バーボン特有のバニラやハチミツ、
焦げたような穀物感のある香り、重々しくなくライトな印象。
味は、バーボン飲んでるぜって感じの強さは感じるものの、
クリアでキレのある口当たり、スッと軽い甘さに、ビターチョコレートのような苦味、
柑橘系の酸味、コショウのようなスパイシーさ、後味はドライで、余韻は長く続く。
ストレートでも、力強さがありながら飲みやすく、十分に美味しい。

 

(ロック)
香りは、フルーティな香りでバナナや桃のようなニュアンス、バニラ、樽由来の香り。
味は、口当たりはライトで、乳酸系の酸味とともに、バニラを伴う甘み、
樽由来のフレーバー、弱めのスパイシーさ、後味はビターで、余韻は長く続く。
ロックにすると、酸味がメインでありながら、スッキリ飲みやすい。

 

(トワイスアップ)
香りは、思った以上の香り立ちはないが、ウッディな香りがメインで、
バナナ、バニラ、スパイス、穀物のニュアンスが感じられます。
味は、酸味は弱まり、コクのあるビターがメインで、程よい甘さも伴う、
後味は樽由来のフレーバーで、ドライ、余韻は短めです。
加水することで、ストレートやロックと違う面が際立ち、美味い。

 

(ハイボール)
香りは、大分弱くなるが、ウッディな香りがメイン、バニラ、、穀物のニュアンス。
味は、ビターと柑橘系の酸味がメイン、バニラ風味の甘さがあり、後味スッキリ。
当たり前のように美味しいのだが、あきやすく感じる印象です。

 

 

ウッドフォードリザーブの評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆☆

 

原料や製法にこだわっただけあり、飲みやすくて美味しい。

 

また、ライ麦の比率が高いだけに、甘さだけでなく、
ライ麦特有のスパイシーが、味の複雑さに影響しています。

 

ちょっと高めのバーボンですが、一度は飲んでみる価値があります。

 

おすすめの飲み方は、ストレート、ロック、トワイスアップです。