ウイスキーの飲み方 ロック

ウイスキーの飲み方 ロック

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ウイスキー ロック

ウイスキー ロックとは

ウイスキー飲み方で、オン・ザ・ロックという飲み方があります。

 

 

一般的には、「ロック」といわれていますが、
正式には「ウイスキーのオン・ザ・ロックス(on the rocks)」といいます。

 

 

これも、ウイスキーの飲み方で人気のある飲み方ですね。

 

 

私自身も、ストレートに次いで、二番目に好きなウイスキーの飲み方です。

 

ウイスキー ストレート(ニート)

 

ロックは、飲み方としても大好きなのですが、
ビジュアル面においても、グラスと氷とウイスキーのコラボレーションがたまりません。

 

 

見た目だけでいえば、ロックが一番好きな飲み方です。

 

 

なんか雰囲気というか、風情があるというか、なんだか良いですよね。

 

 

ロックは、氷にウイスキーを注ぐ飲み方で、ウイスキーを冷やして味わいます。

 

 

ロックのメリットとしては、冷やすことでアルコールの刺激を和らげて、
ウイスキーの口当たりをよくして飲みやすくする効果もあります。

 

 

また、氷が溶けることで、ウイスキーの味の変化を楽しむことができます。

 

 

ロックのデメリットとしては、ウイスキーが冷やされれることで、
ウイスキー本来の味や香りが弱くなってしまうことです。

 

 

悪く言えば、ウイスキー本来の美味しさや香りを台無しにしてしまう可能性があります。

 

 

さらに、飲みやすくなることで、必要以上に飲みすぎてしまうかもしれません。

 

 

このように、ウイスキーのロックには、良い面も悪い面もあるので、
そこの部分を理解しながら、ロックという飲み方を楽しむと良いでしょう。

 

 

今でこそ人気のウイスキーの飲み方であるロックですが、
昔は一般的な飲み方ではありませんでした。

 

 

19世紀以前はウイスキーをロックで飲む習慣は無く、
19世紀にアメリカで冷蔵器具が発展したのをきっかけに、
ロックというウイスキーの飲み方が広がってきました。

 

 

とくにアメリカでは、バーボンをロックで飲むのが一般的になりました。

 

 

ロックで準備するもの

ロックグラス
丸氷かロックアイス
チェイサー(水、またはソーダ水)
メジャーカップ
マドラー

 

ロックグラス

ロックグラス

ロックというウイスキーの飲み方において、
ロックグラスは主役といっても良いくらい大事な存在です。

 

ロックは、味だけでなく、グラスの見た目も重要な要素です。

 

ロックグラスといっても、価格やデザインも様々で、
実際どんなグラスを選んだらよいのか迷ってしまうかもしれません。

 

あくまで、参考ですがロックグラスの選ぶポイントをまとめました。

 

ロックグラス選びのポイント

・自分の手に馴染むサイズや、持ちやすさで選ぶ

 

・重量感は大事だが、できれば重すぎないものを選ぶ

 

・自分の飲むペースや、飲む量に合った容量のものを選ぶ

 

・飲み口が薄いグラス、もしくは口当たりのよさそうなグラスを選ぶ

 

・価格や評価にとらわれず、心からほれたグラスを選ぶ(一番重要)

 

 

ロックにあった氷

一般的にロックに使う氷は、1個の大きな塊となった氷が良いとされます。

 

これは大きな氷塊のほうが表面積が少なく、氷が溶けにくいためです。

 

ちなみに、家でウイスキーをロックで飲む場合、
お手軽なことから、冷蔵庫の氷を使う方が多いかもしれません。

 

家の冷蔵庫の氷も駄目という訳ではないのですが、
大きな塊となった丸氷に比べ溶けやすいため、
味わう前にウイスキーが薄くなってしまいます。

 

ロックで飲む場合は、ゆっくりと香りや味の変化を楽しみたいので、
溶けにくい大きな丸い氷は、ロックに適した氷だといえるでしょう。

 

丸氷が無い場合は、市販のロックアイスが溶けにくいのでおすすめです。

 

また、氷には天然氷というものがあります。

 

天然氷とは、自然からとれた氷で、えぐみや臭みがなく、
ミネラル分が含まれているため、氷自体の旨味もアクセントになります。

 

 

ロックの飲み方

@グラスを冷やす

 冷凍庫や冷蔵庫でグラスを冷やしておくか、
 グラスに氷をいれて、マドラーで氷をまわしてグラスを冷やしましょう。

 

A氷を入れる

 大きな丸氷か、ロックアイスを入れましょう。

 

B氷にロックに適した量のウイスキーを注ぐ

 ウイスキーの量は、シングル(30ml)かダブル(60ml)です。
 私は、直ぐに薄くなるのが嫌なので、基本的にはダブルで楽しみます。

 

Cウイスキーと氷をなじませる

 ウイスキーは氷に触れた瞬間、希釈熱が発生し温度が若干上がります。
 このため、すぐは冷えないので、ウイスキーと氷をなじませましょう。

 

D直ぐには飲まず、見た目を楽しみます。

 ロックという飲み方の醍醐味の一つ。
 グラスと琥珀色のウイスキーと氷の反射などの見た目も美味しさの一つです。

 

ウイスキー関連記事

ウイスキーの美味しい飲み方
ウイスキーの美味しい飲み方はたくさんあります。自分のお好みの、ウイスキーの飲み方を探してみましょう。
ウイスキーの健康的な飲み方
美味しいウイスキーを、健康的な飲み方で飲んでいますか?健康的なウイスキーの飲み方をして、永く美味しいウイスキーを楽しみましょう。
ウイスキーの飲み方 ストレート(ニート)
ウイスキーのストレート(ニート)という飲み方は、ウイスキーの飲み方の中で、最もウイスキーを味わうことのできる飲み方です。
ウイスキーの飲み方 トワイスアップ
ウイスキーのトワイスアップという飲み方で、氷を使わずに水だけで割る飲み方で、ウイスキーが持つ香りと味を十分に引き出すことができます。