マッカラン 12年

マッカラン 12年

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

マッカラン 12年

マッカラン12年です。

 

スコッチの有名銘柄であるマッカラン、その中でも、スタンダードの12年です。

 

マッカランはスペイサイドにある蒸留所で、モルト原料の大麦は、
指定農家で栽培された、ゴールデンプロミスという貴重な品種を多く使っています。

 

そのモルトを、厳選されたシェリー樽で最低12年間熟成させた原酒のみを使用しています。

 

マッカランは「シングルモルトのロールスロイス」と言われていますが、
近年のマッカランは、そこまでの評価は無いようです。

 

実際、そのころのマッカランを飲んだことがないので、
なんとも言い難いのですが、現在のマッカランでも十分に美味しいと思います。

 

マッカラン 12年

 

(参考価格)
・シングルモルト
・アルコール度数 40度
・700ml 6500円

 

 

マッカラン 12年の飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、ふわっと華やかなシェリー香、ドライフルーツのような香り、
ゴム、サルファリーさ、シイタケっぽさ、オレンジ、若干のバニラの香り。
味は、濃くリッチな口当たりで、黒蜜のような甘さ、ラムレーズン、
濃い目の酸味があり、後味はビター、ウッディフレーバーの余韻が続く。
ストレートでは、甘さはあるものの、どちらかというと酸味や
ビター感のほうが印象に残る感じで、美味しいんですが、個人的には後味が苦手。

 

(ロック)
香りは、引き締まった感じのシェリー香、ドライフルーツ、カラメル、樽由来の香り。
味は、スムーズな口当たりと、まったりとした絡みつくような甘み、
ストレートでは、個人的に苦手だった、酸味とビター感は、ちょうどよい落ち着き。
ストレートよりもロックの方が、甘さ、酸味、ビターのバランスが良く感じられます。
個人的には、マッカラン12年において、一番好きな飲み方かもしれません。

 

(トワイスアップ)
香りは、柑橘系のレモン様な香りが先にでて、シェリー香、黒蜜、ドライフルーツ。
味は、スッとスムーズな口当たり、甘みと酸味とチョコレートのようなビター感が
同時に感jられ、後味はスッとスッキリめで余韻は短いです。
香りと味わいを同時に楽しむには、ちょうどいい飲み方で、美味しいです。

 

(ハイボール)
香りは、ハイボールにしても、濃い目のシェリー香はそのままで、
ドライフルーツ、カラメルと様々な香りを感じることができます。
味は、期待に反して、個人的に苦手な酸味とビターの嫌なところが目立つ。
ハイボールは期待していなかったが、思ったよりも美味しくない。

 

 

マッカラン 12年の評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆

 

シングルモルトのロールスロイスと言われているそうですが、
それは、過去の話のようで、現行品にはそぐわないという方もいます。

 

それは別として、香りや味わいは確かに格別な印象はあります。

 

個人的な好みでいえば、それほど好きでは無いですが・・・。

 

おすすめの飲み方は、ロックとトワイスアップです。

 

個人的には、ストレートは好きではありませんでしたが、
一度はストレートで飲んでみてから判断しましょう。