ワイルドターキー ライ

ワイルドターキー ライ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ワイルドターキー ライ

ワイルドターキーライです。

 

バーボンで有名なワイルドターキーの
ラインナップのひとつである、ワイルドターキーライです。

 

読んで字のごとくライウイスキーです。

 

バーボンは、51%〜80%のトウモロコシであることが条件で、
そのほかライ麦、小麦、大麦を原料としています。

 

ライウイスキーの場合は、ライ麦比率が51%以上あるとのことが条件です。

 

ワイルドターキーライは、4〜5年熟成の原酒を使用しており、
バーボンより甘さ控えめのスパイシーな味わいが特長です。

 

ワイルドターキー ライ

 

(参考価格)
・ライウイスキー
・アルコール度数 40度
・700ml  2800円

 

 

ワイルドターキー ライの飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、ツンとするアルコールの香り、接着剤のようなニュアンス、
バニラ、バナナ、麦芽感は結構強めな感じです。
味は、口当たりはドライ、あっさりとした甘さと麦っぽさ、スパイシーな後味。
アルコール感はあるものの、度数が低いためストレートでも楽しめます。

 

(ロック)
香りは、アルコール感や接着剤のような香りは無くなり、
バニラ、バナナが前面にでてきて、麦芽が感じられます。
味は、口当たりは、まろやかになり、濃くハチミツの様な甘さ、
麦っぽさ、酸味とビターが絡み合って、そのまま短めの余韻が続きます。
ストレーとに比べ、甘さが前面に出てくる飲み方で、非常にうまい。

 

(トワイスアップ)
香りは、レモンやライムのような柑橘系の香り、麦芽、バニラ、ハチミツ。
味は、若干ドライな口当たり、甘さはスッキリとして、どちらかというと酸味がメイン、
後味はビターというよりは、強めの苦味が残る感じです。
美味しいのですが、香りから期待したほど味は好みではありませんでした。

 

(ハイボール)
香りは、バナナ、うっすらバニラが前面に出て、麦芽も感じます。
味は、甘さが控えめになり、酸味と程よいビター感がメインとなっています。
ハイボールにすると、スッキリとさわやかな印象の飲み口で、非常にうまい。

 

 

ワイルドターキー ライの評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆

 

バーボンやスコッチなどの定番ウイスキーに、
ちょっと飽きたときの箸休め感覚で買ってみました。

 

ところが思ったよりも、美味しく、特徴的な味でクセになります。

 

スパイシーなウイスキーが飲みたいときにはおススメです。

 

おすすめの飲み方は、ストレート、ロック、ハイボールです。