ホワイトホース ファインオールド

ホワイトホース ファインオールド

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホワイトホース ファインオールド

ホワイトホースファインオールドです。

 

スコッチウイスキーとして、昔から有名なホワイトホースです。

 

最近では、スモーキーハイボールで有名なホワイトホースです。

 

ホワイトホースは、アイラモルトであるラガヴーリンをキーモルトとし、
比較的、磯の香りを伴ったスモーキーさを感じられるブレンデッドです。

 

映画監督、黒澤明が愛飲していたことでも有名。

 

ホワイトホース ファインオールド

 

(参考価格)
・ブレンデッド
・アルコール度数 40度
・200ml 400円
・720ml 1000円

 

 

ホワイトホース ファインオールドの飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、花のような甘い香り、蜂蜜、後から若干のヨードを感じます。
味は、まったりとした甘さとともに、弱めのアルコールの刺激、
苦味というより渋み、若干のスモーフレーバーがあります。
ノンエイジ銘柄の割には、ストレートでも飲みやすいです。

 

(ロック)
香りは、シェリー樽原酒の甘い香り、ピート香を感じます。
味は、アルコールの刺激はなくなり、クリームのような甘い口当たりに酸味、
後味の余韻は苦味が長く続き、若干のスモーキーフレーバー。
ストレートに比べて、かなり飲みやすくなるが、香りが弱く、物足りない感じです。

 

(トワイスアップ)。
香りは、レモンやライムのような柑橘系の香り、ヨードの香りを感じます。
味は、酸味とともにスッキリとした甘み、後味は苦味、スモーキーフレーバー。
香りは一番華やかな感じで、味も複雑ではなく、いろんな味を感じやすい飲み方。

 

(ハイボール)
香りは、ピート香が前に出てきて、甘くさわやかな香りもあります。
味は、甘さがメインで、酸味とビターが同時にでてきます。
ハイボールにすると、非常に飲みやすく、美味しくてスイスイいきます。

 

 

ホワイトホース ファインオールドの評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆

 

価格が安く、なおかつスコッチの良いところを感じることができる。

 

初めて飲んだときは、価格相応のウイスキーだなと感じたが、
飲む回数を重ねるごとに、なんとなくハマっていく不思議な銘柄。

 

どの飲み方でもいけますが、
しいていうなら、トワイスアップとハイボールがいいですね。

 

それでも、まずはストレートで一杯お試しを。

(スポンサーリンク)

ウイスキー関連記事

ホワイトホース 8年(終売品)
ホワイトホース 8年(終売品)の飲み方とレビュー、評価