シーバスリーガル 12年(旧ボトル)

シーバスリーガル 12年(旧ボトル)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

シーバスリーガル 12年

今回はオールドボトルのシーバスリーガル12年(旧ボトル)です。

 

なんか見た感じちょっと古そうな雰囲気で、
色々と調べてみたところ、1980年代頃のボトルかなと思います。

 

今回のボトルデザインからすると
1980年代なのに特級表示がないのは、海外の流通品の為だと思います。

 

今回参考にさせていただいたのは、以下のホームページです。
シーバスリーガル オールドボトルの見分け方について(3歩進んで2歩下がる)
シーバスリーガルの見分け方(深夜も営業中)

 

シーバスリーガルは現行品でも十分に美味いと思ったのですが、
70年代〜80年代のオールドボトルのほうが美味しいと、いろいろと評判なようです。

 

しかし、オールドボトルが故の問題として、「プラキャップ臭」があります。

 

これは、外観では分からないので、実際に購入して開けなければなりません。

 

この「プラキャップ臭」、自分は経験ありませんが、結構厳しいという噂です。

 

シーバスリーガル 12年(旧ボトル)

 

(参考価格)
・ブレンデッド
・アルコール度数 43度
・750ml 2000〜3000円

 

 

シーバスリーガル 12年の飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、古酒っぽい厚みのある麦芽、杏やカラメルの甘さ、みたらしっぽさ、
ブドウやメロンのようなフルーツの香り、樽由来のウッディネス、シェリーっぽさも。
味は、スムーズな口当たりだが、上品なレーズンの甘さが舌全体に広がり、
その後に、ビターチョコレートのほろ苦さが来る、しっかりと麦芽の穀物感があり、
後味は樽由来のフレーバーに、スパイシーなニュアンス。余韻は程よくドライ。
オールドボトルぽさ全開の香りと味がたまらない、文句なしに美味いです。

 

(ロック)
香りは、オレンジのようなさわやかな甘さ、モルティな穀物感、古酒感、
樽由来のウッディネス、ドライフルーツっぽさもわずかに感じられる。
味は、ドライフルーツのような濃い甘さ、古酒っぽいニュアンス、梅酒っぽさ、
モルティな穀物の甘さとほろ苦さ、後味はビターチョコのフレーバー。
隠れていた香りや味が感じられ、氷が溶けるに従い、麦芽感が強くなる。

 

(トワイスアップ)
香りは、甘く華やかな香りの奥に、さわやかな柑橘系の香りが混じる、
しっかりと麦芽、樽由来のウッディネス、レーズンなどのドライフルーツの香り。
味は、砂糖のような甘さと同時に、ほろ苦さを伴った麦芽、ビターチョコ、
フルーツ系の酸味、古酒っぽいニュアンス、後味はタンニンっぽさが残る。
加水すると、香りはいい感じに開くが、味はちょっと砕けてしまう感じで残念。

 

(ハイボール)
香りは、甘くモルティな穀物感、古酒っぽさ、レーズンの甘さ、程よい樽感。
味は、甘くフルーティ、麦芽のニュアンス、古酒っぽさ、樽由来のフレーバー。
ボディがしっかりしているためか、香りや味も崩れず、上品な美味さのハイボール。

 

 

シーバスリーガル 12年の評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆☆

 

一応は、プラキャップ臭を覚悟して開栓。

 

ん、ちょっと気になる部分はあるが、大丈夫そうな感じ。

 

飲んでみると、確かに現行品と比べると、
味や香りの奥深さや重厚さは、オールドボトルのほうが上。

 

甘く華やかな香りで、モルト感が十分に感じられます。

 

ここまでくると、逆にプラキャップ臭がどういうものかと気になる・・・。

 

一応、何本かストックがあるので、
そのうち否が応でも経験することになるでしょう。

 

おすすめの飲み方は、ストレート、ロックです。

ウイスキー関連記事

シーバスリーガル 12年
シーバスリーガル 12年の飲み方とレビュー、評価
シーバスリーガル 12年 特級(旧ボトル)
シーバスリーガル 12年 特級(旧ボトル)の飲み方とレビュー、評価