グランド オールドパー 12年 玉付(旧ラベル)

グランド オールドパー 12年 玉付(旧ラベル)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

グランド オールドパー 12年

オールドパーシリーズのスタンダード銘柄のグランド オールドパー 12年です。

 

オールドパーのラインナップの中では、
オールドパーシルバーの1つ上、中級クラスという位置づけでしょうか。

 

今回のボトルは特級表示はないのですが、
ラベルデザインからすると1980年代?じゃないかな〜と。

 

また、今では珍しい玉付きボトル。

 

昔、ウイスキーの詰め替えを防止するためにとられた方式で、
玉付きは、正真正銘のオールドパーという証明にもなっていたようです。

 

ウイスキーを注ぐには、ちょっとコツがいります。

 

私も最初は注ぎ方がわからず、「あらっ、でてこね〜」と戸惑うばかり。

 

グランド オールドパー 12年 玉付(旧ラベル)

 

(参考価格)
・ブレンデッド
・アルコール度数 43度
・750ml 3000円(購入価格)

 

 

グランド オールドパー 12年の飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、オールドボトルっぽい古酒感、甘く華やかさがあり、和的な花のようなやさしさ、
はちみつのようなコク、樽由来のウッディさ、しっかりとピートとスモーキーさもある。
味は、熟したフルーツのキレのある甘さ、穀物感のある香ばしさが感じられるほろ苦さ、
柑橘系の酸味とはちみつのようなコク、後味はウッディなエグみ、ピートフレーバー。
オールドのブレンデッドという感じで、飲みやすいが軽すぎず、香りと味のバランスが良い。

 

(ロック)
香りは、熟したフルーツのようなコクのある甘さ、穀物感のある香ばしさを伴う甘さ、
はちみつのニュアンス、リンゴのコンポート、わずかにスモーキーさの主張も感じられる。
味は、グゥッとこみ上げる様な穀物感のある甘さと香ばしさ、フルーツ感のある酸味、
樽由来のウッディなフレーバー、ビターチョコのようなほろ苦さ、スモーキーフレーバー。
ロックにすることで、穀物感が引き立つようになり、フルーツと麦芽の飲み物に大変身。

 

(トワイスアップ)
香りは、さわやかな柑橘系のフレッシュな甘さと、若干のハーブっぽさが程よく交じりあう、
香ばしい穀物感、はちみつのようななめらかなコク、ほどよくピート、スモーキーさが底支え。
味は、穀物感のある香ばしさとほろ苦さが伴う甘さ、黒糖のような奥深さ、ビターチョコ、
フルーツを思わせるようなさわやかな酸味、わずかにピートフレーバー、樽由来のウッディさ。
加水すると、香りはフルーツっぽさ、味は穀物感が前面に出てくる、落ち着いた美味さ。

 

(ハイボール)
香りは、わずかなスモーキーさに、黒糖のような甘さ、柑橘系の酸味、樽由来のウッディさ。
味は、スッとフルーツ系の酸味と強めのウッディフレーバー、スッキリなほろ苦さ、うっすら甘い。
ハイボールにすると、ウッディさが前面に出てきて、一味違った表情を見せてくれる、美味い。

 

 

グランド オールドパー 12年の評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆☆

 

現行品を飲んだことないのに、いきなりオールドボトルのオールドパー。

 

比較できないので、あれですが、古酒感満載で美味しい。

 

基本的には、甘さ、苦さ、スモーキーさが、
どれもしっかりあり、味のバランスがよく偏りがない印象でした。

 

いろんな飲み方をしても、間違いなく美味しいが、
個人的には、ゆっくりとロックかストレートで飲むのがいい雰囲気。

 

おもむろにボトルを傾けて立ててみたり・・・、立ちますね〜。

 

おすすめの飲み方は、ストレート、ロック、トワイスアップ、ハイボールです。

(スポンサーリンク)