マックギネス

ゴールドタッセル 特級(終売品)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ゴールドタッセル

カナディアンウイスキーのゴールドタッセルは、
トロント市に本社をおくカナダの大手メーカー、マックギネス社のウイスキーです。

 

マックギネス社は、1905年に輸入商社としてスタートしまし、
1930年代から、ウイスキー、ジン、ラムの製造に乗り出し、
現在はそのほかのスピリッツ類も造る総合酒類メーカーになっています。

 

その規模は、ハイラム・ウォーカー、シーグラムに次いでカナダ第3位です。

 

カナディアン・ウイスキーは、ライ麦主体のフレーバリング・ウイスキーと、
とうもろこし主体のベース・ウイスキーをブレンドして造られます。

 

マックギネス社は、ノヴァ・スコシア工場でフレーバリングを造り、
トロント工場とサスカチュワン工場でベースを造っています。

 

ゴールドタッセルは、「金の房飾り」という意味です。

 

ちなみに、今回のボトルは、特級表示があるので1980年代のものです。

 

ゴールドタッセル 特級(終売品)

 

(参考価格)
・ブレンデッド
・アルコール度数 40度
・710ml  2500円

 

 

ゴールドタッセルの飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、古酒らしいヒネ香が強め、湿った木材、わずかに薬品香、
タンニンっぽさ、バニラ、杏の甘さ、みたらしのコク、カラメルのような甘い香り。
味は、スムーズな口当たりだがスパイシーさがすぐに感じられる、杏のような甘さ、
柑橘系の酸味、強めのビター、後味はドライでタンニン様の渋みやエグみがある。
ストレートでもアルコールの強さは感じないが、個人的にはあまり好みじゃない。

 

(ロック)
香りは、杏のようなまったりとした甘さ、クリーミーな風味、みたらし餡っぽさ、
バニラの香り、ストレートのときの感じたヒネ香は大人しくなった感じです。
味は、まったりとした口当たり、砂糖やカラメルのような甘さ、フルーツ系の酸味、
ピリッとしたスパイシーさ、古酒っぽさ、後味はほろ苦さと樽由来のウッディフレーバー。
ストレートの時よりヒネ香が抑えられ、香りと味のバランスがよくなった印象。

 

(トワイスアップ)
香りは、あまり立ちは良くない印象、ハーブのようなスパイシーさ、溶剤っぽさ、
あまり好ましくないヒネ香、南国系のフルーツのような甘さ、杏、バニラ、黒糖。
味は、若干スパイシーな口当たり、砂糖系のべたつく甘み、タンニンのニュアンス、
柑橘系の酸味、樽由来のフレーバーからくるほろ苦さ、後味はスッと軽めです。
加水しても香り立ちは強くなく物足りない感があるが、味はそこまで砕けていない。

 

(ハイボール)
香りは、柑橘系のフルーツのようなさわやかな甘さ、軽いバニラの心地よさ。
味は、思った以上にフルーツジュースのような甘さが引き出され、わずかに酸味、
樽由来のウッディなフレーバーもしっかりある、後味はほろ苦さといい意味でのエグみ。
ハイボールにしたらボディの弱さがでるかと思ったが、香り良し、味良しで美味しい。

 

 

ゴールドタッセルの評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆

 

オールドボトルの為か、最初はヒネまくり。

 

それでも、ロックやハイボールにすると気にならない程度。

 

ちなみに、今回のボトルは年数表示はなかったが、
同じボトルでも、7年ものの表示があるボトルもある。

 

結構古いボトルですが、オークションでは手に入れやすいです。

 

興味のある方は、一度はどうぞ。

 

おすすめの飲み方は、ロックとハイボールです。

ウイスキー関連記事

キャプテンズ テーブル(終売品)
キャプテンズ テーブル(終売品)の飲み方とレビュー、評価