ザ グレンリベット 12年

ザ グレンリベット 12年

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ザ グレンリベット 12年

ザ・グレンリベット12年です。

 

あまりにも有名で、なおかつ飲みやすいことから、
スコッチのシングルモルトウイスキーの入門銘柄としても人気です。

 

シングルモルトウイスキーでは、世界1位〜2位の売上を維持しています。

 

ザ・グレンリベットに使用されている大麦は、ピートの香りを付けない、
スコットランド産の最高品質のスプリング・バーレーと呼ばれる二条大麦のみ。

 

熟成させる樽は、ヨーロピアンオークと アメリカンオークの樽を使用します。

 

ザ グレンリベット 12年

 

(参考価格)
・シングルモルト
・アルコール度数 40度
・700ml 3500円

 

 

ザ グレンリベット 12年の飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、甘くさわやかで華やか、フルーティ、ハチミツ、洋ナシ、麦芽、
バニラ、リンゴのような香り、ピートやスモーキさは、ほぼ感じません。
味は、口当たりは、ライトでスムーズ、ハチミツのような甘さ、
フルーティな酸味とともに、樽由来の風味、麦芽、余韻は短めです。
香り、味ともにフルーティでさわやかな甘さが、とても飲みやすい。

 

(ロック)
香りは、少し弱まった感じだが、甘く華やかな香り、クリーム、ハチミツ、麦芽。
味は、口当たりはまったりとまろやかで、コクのあるフルーツの甘さ、
若干の酸味とモルティーな風味、後味は若干のビターで余韻は短い。
ロックにすると、まったりとした絡みつくような口当たりになるのが、けっこう好み。

 

(トワイスアップ)
香りは、洋ナシや柑橘系の香り、バニラやクリーミーな香り、後から麦芽。
味は、スッとライトな口当たりで、軽めの甘さとさわやかな酸味が同時にきて、
樽由来の風味と若干のビター、麦芽の風味も後から感じます。
加水すると、なんとなく特徴が薄くなる印象で、ちょっと飽きます。

 

(ハイボール)
香りは、大分弱くなりますが、それでも果物のようなさわやかな香り、うっすら樽香。
味は、意外としっかりしており、フルーツのような甘さと酸味が同時にきて、
樽由来の若干のビター、後味はスッキリしている。
ハイボールにすると、腰砕けになりそうなイメージだったが、意外と味はしっかりしている。

 

 

ザ グレンリベット 12年の評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆☆

 

非常にフルーティで、飲みやすいウイスキー。

 

下手な国産ウイスキーを飲むよりも、飲みやすい。

 

私自身、クセのあるウイスキーが大好きですが、
このザ・グレンリベット12年は、さすがにあなどれません。

 

一気に大ファンになりました。

 

最近の一杯目はもっぱら、ザ・グレンリベット12年です。

 

おすすめの飲み方は、ストレート、ロック、ハイボールです。