ベンリアック キュオリアシタス 10年

ベンリアック キュオリアシタス 10年

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベンリアック キュオリアシタス 10年

ベンリアック キュオリアシタス10年です。

 

ベンリアックのラインナップの中でも、特にピーティータイプのシングルモルトです。

 

ベンリアックのキュオリアシタスはフェノール値が55ppmのヘビーピートを使用。

 

ピートレベルを表す指標として使われるフェノール値ですが、
クセ強いので有名なラフロイグが約50ppm、ラガブーリンが約40ppm、
アードベッグが約55ppmとなっています。

 

ベンリアック キュオリアシタス 10年

 

(参考価格)
・シングルモルト
・アルコール度数 46度
・700ml 4000円

 

 

ベンリアック キュオリアシタス 10年の飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、ピートからくるスモーキーさが先にたち、分かりやすいくらいの樽香、
奥から穀物系の香り、ハチミツのような甘い香り、牧草系の香り。
味は、ピートが強く感じられ、酸味とスパイシーさが同時にきて、
後から、穀物系の風味とハチミツのような甘み、後味はビターとスパイシーさ。
スペイサイド系とは思えないようなピーティさがあり、ストレートでは十分に楽しめる。

 

(ロック)
香りは、ピートが強めに引き立ち、燻製香、魚の出汁、薬品香、麦芽、ウッディネス。
味は、まったりとした口当たり、甘さが前面にでてきて、スパイシーさは弱め、
穀物系の香り、酸味とほろ苦さが同時にきて、スモーキーフレーバー、余韻は短い。
ロックにすると、非常に飲みやすく、バランスが良く、非常に美味しく、好きです。

 

(トワイスアップ)
香りは、強めのピートの香りが引き立ち、柑橘系の香り、魚介系の香り、
穀物系の香り、ウッディネス、スモーキーさも若干感じられます。
味は、香りに反して、ライトな口当たり、スキッとした酸味とコクのある甘み、
穀物系の風味とナッツのような苦味、後味は若干のビターで余韻は長め。

 

(ハイボール)
香りは、しっかりとした香りが残っており、ピート、魚介系の香り、麦芽。
味もしっかりと濃い目で、酸味がメインので、若干のビターと甘さが後味。
ハイボールにしても個性は崩れず、ピートの主張がしっかりとしている。

 

 

ベンリアック キュオリアシタス 10年の評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆☆

 

アイラ系のウイスキーとは、また違った感じのピーティーさ。

 

好きな人は好きだが、飲み手を選ぶかもしれません。

 

個人的には、飲んでるぜッて感じで好きな逸品。

 

おすすめの飲み方は、ストレートからハイボールまで全部です。

 

ただ、ストレートではクセを感じる方は、ロックがおすすめ。