ジムビーム プレミアム(終売品)

ジムビーム プレミアム(終売品)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ジムビーム プレミアム

ジムビームのラインナップの終売品であるジムビームプレミアムです。

 

ジムビームプレミアムは、サントリーがビーム社の買収後、
日本市場向けのラインナップとして2014年4月1日に発売されました。

 

通常のジムビームホワイトは4年以上熟成した原酒、
ジムビームブラックは6年以上熟成した原酒を使用しています。

 

ジムビームプレミアムは、その中間的な5年熟成の原酒を使用しています。

 

また、蒸溜直後の原酒を、木炭層で濾過する製法により、
雑味が取り除かれ、クリアでまろやかな味わいを作り出しています。

 

似たような製法に、ジャックダニエルの「チャコールメロウイング」があります。

 

これは、テネシー州原産のサトウカエデの炭を使用するため、
厳密にいえば、ジムビームプレミアムとは異なる製法だといえます。

 

ジムビーム プレミアム(終売品)

 

(参考価格)
・バーボン
・アルコール度数 40度
・700ml 2000円

 

 

ジムビーム プレミアムの飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、オーク樽由来のウッディな力強さの中にも、バナナのような甘いフルーティーさ、
軽い溶剤系のケミカル感、キャラメルやバニラの甘さ、わずかにナッツのニュアンス、
味は、濃くバニラの雰囲気を伴うカラメルを焦がしたほろ苦い甘さ、フルーティな酸味、
余韻の長く続く樽由来の力強いウッディフレーバー、ナッツをおもわせる香ばしさ。
アルコールの刺激も無く飲みやすく、味も水っぽくなく、甘さ、コク、樽感が十分で良い。

 

(ロック)
香りは、キャラメルやバニラの入り混じった甘さ、樽由来の軽く焦げたようなウッディネス、
熟したバナナのフルーティな甘やかさ、ヘ−ゼルナッツの香ばしさが余韻として残る。
味は、力強い樽のウッディフレーバーと、キャラメルのような甘さと乳酸系の酸味が交わる、
ナッティな香ばしさとほろ苦さ、後から再びウッディなニュアンスとバニラが出てくる
ロックにするとストレートで感じた樽感の強さが和らぎ、万人受けしそうな飲み易さ。

 

(トワイスアップ)
香りは、樽由来のウッディな香り立ちの中に、フレッシュでフルーティなバナナの甘さ、
ヘ−ゼルナッツのニュアンスと渋み、さわやかさをともなったバニラ、生キャラメル。
味は、すっきりとした口当たりのなかに、しっかりと濃い目のウッディフレーバー、
カラメルっぽいほろ苦さと甘さ、柑橘系の果肉の酸味、ナッツのような香ばしさ、
いい意味でバーボン特有のクセが無くなり飲みやすい、それでいて特徴はしっかり。

 

(ハイボール)
香りは、ふわっと軽やかなバニラ、まだ青い未成熟のバナナのさわやかさ、ウッディな樽感。
味は、ウッディフレーバーとバナナジュースの甘さと酸味、程よいエグみとビターのコク。
やっぱりバーボンはハイボールが合うんだな〜と思わせる香りと味のバランスよさ、美味しい。

 

 

ジムビーム プレミアムの評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆

 

ジムビームのホワイトラベルがあまり好きじゃないので、
ほとんど期待しないで飲んでみたら、いい意味でビックリ。

 

飲みやすい、飲みやすいで、
ストレートでもスルンスルン入ってくる。

 

ジムビームプレミアムの特徴である
「雑味のないクリアなまろやかさ」そのまんまである。

 

これが、今でも販売されていたら常備したいが、
残念ながら、終売品となっています。

 

どんな飲み方でも、美味しいので
もしお店で見つけたら、個人的にはすごくおすすめです。

 

おすすめの飲み方は、ストレート、ロック、トワイスアップ、ハイボールです。

ウイスキー関連記事

ジムビーム
ジムビームの飲み方とレビュー、評価
ジムビーム デビルズカット
ジムビーム デビルズカットの飲み方とレビュー、評価