ウイスキーとダイエット

ウイスキーとダイエット

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ウイスキーとダイエット

ウイスキーのアルコールとダイエットの関係

ウイスキーは、ダイエットに役立つお酒なのでしょうか?

 

 

単純に考えて、お酒はダイエットの敵というイメージがあります。

 

 

ウイスキーがダイエットに役立つのであれば、非常にうれしいことです。

 

 

でも、本当のところ、どうなのか疑問が残ります。

 

 

ちなみに、アルコールはダイエットの敵であることは間違いありません。

 

 

ところが、「ウイスキーとダイエット」と検索してみると、
「ウイスキーはダイエットに最適」とか「ウイスキーは太りにくい」など、
ウイスキーがダイエットの役に立つかのような情報がたくさんあります。

 

 

実際のところ、どうなのか考えてみましょう。

 

 

アルコールとダイエット

ウイスキーは、アルコール度数が高いお酒です。

 

 

そのため、まずはアルコールとダイエットについてみてみましょう。

 

 

ちなみに、アルコールは、確実にダイエットの妨げになります。

 

 

理由は以下のようになります。

 

@意外とアルコールはカロリーが高い

 たまに聞く言葉で、アルコールはエンプティ(中身の無い、空の)カロリーだから
 太らないという間違ったことを良く聞くことがあります。

 

 それは、大きな間違いです。

 

 エンプティカロリーという言葉は、カロリーが無いという意味ではなく、
 ビタミンやミネラルなどのその他の栄養素が無いという意味です。

 

 アルコールは、1gあたり7キロカロリーあり、
 炭水化物やタンパク質の1gあたり4キロカロリーを上回ります。

 

Aアルコールは、アンチニュートリション

 アルコールは、体内へのその他の栄養素の吸収を阻害します。

 

 つまり、どれだけ体に有効な栄養素でさえ、
 アルコールが組み合わさると、体に吸収されにくくなり、
 さらには、体内への栄養の貯蔵も妨げられます。

 

Bアルコールは、特に太りやすい

 アルコールは、体内で中性脂肪に変換され血中に溶け込みます。

 

 また、血中に溶け込んだ中性脂肪は脂肪として貯蔵されやすく、
 男性であれば腹部、女性であれば腰回りにつきやすくなります。

 

C男性ホルモン(テストステロン)の低下

 アルコールを摂取すると、男性ホルモンのひとつである
 テストステロン値の低下を招き、エストロゲン値を高めます。

 

 テストステロン値の低下は、脂肪の燃焼を妨げます。

 

 逆に、テストステロン値が高い状態であれば、脂肪は燃焼しやすくなります。

 

 ウイスキーには、樽ポリフェノールという、特有のポリフェノールが含まれています。

 

 この樽ポリフェノールの中には、ダイエットに役立つ成分があります。

 

 

ウイスキーとダイエット

次は、ウイスキーとダイエットという視点からみていきましょう。

 

 

@ウイスキー特有のポリフェノール

 リグニンは、体内で分解されない不溶性食物繊維の一種で、
 酸やアルカリにも強く大腸内でも消化・吸収されず、
 それどころか、便の量を増やして体外に排泄しやすくするため、
 便秘の予防や改善・ダイエットにも期待できます。

 

 バニリンには、脂肪細胞に刺激を与える作用があります。
 脂肪細胞が刺激されると、脂肪細胞から脂肪酸が飛び出し、
 エネルギーとして燃焼しやすくなり、効果的なダイエットに繋がります。

 

 

A糖分などの炭水化物を含まない

 ウイスキーは蒸留酒であるため、日本酒やビールと違い、
 糖分などの炭水化物を含まないため、比較的太りにくいとされています。

 

 日本酒やビールなどは、炭水化物のカロリーに加えて、
 アルコールのカロリーも併せて摂取してしまうため、かなり高カロリーです。

 

 それに比べると、ウイスキーは低カロリーであるといえます。

 

 

以上のことを踏まえてみても、ウイスキーはダイエットに良い部分もあるが、
アルコールを含むお酒という面では、ダイエットに良いとはいえないと思います。

 

 

ダイエットしているが、どうしてもウイスキーを飲みたいという方は、
以下の部分に注意して、ウイスキーを楽しみましょう。

 

・基本的に飲みすぎない。(過剰摂取しなければ影響が無いといわれています。)

 

・休肝日を設け、毎日飲まないようにする。

 

・ウイスキーを飲むときの、おつまみに気をつける。

ウイスキー関連記事

ウイスキーと健康
ウイスキーは健康に良いとされていますが、本当に健康に良いのでしょうか?
ウイスキーとポリフェノール
ウイスキーの健康成分として、ポリフェノールが大注目されています。
ウイスキーと筋肉
ウイスキーは、筋肉に悪い影響を与えるとされていますが、どのような影響があるのでしょうか?
ウイスキーと肝臓
ウイスキーを楽しむためには、肝臓が健康でなければいけません。ウイスキー(アルコール)は、肝臓にどのような影響があるのでしょうか?
ウイスキーと認知症
ウイスキーを飲みすぎると、認知症になりやすいというのは本当なのでしょうか?ウイスキー(アルコール)をどれくらい飲めば危険なのでしょうか?
ウイスキーとハゲ、抜け毛、薄毛
ウイスキーは、ハゲ、抜け毛、薄毛の原因になるのでしょうか。ウイスキー(アルコール)は、ハゲ、抜け毛、薄毛の原因になるといわれていますが、実際のところはどうなんでしょうか。
ウイスキーと血圧
ウイスキーは、血圧にどのような影響を与えるのでしょうか。血圧に異常がある場合、ウイスキー(アルコール)を飲むときに気をつけるポイントをまとめました。
ウイスキーとがん
ウイスキーなどのお酒を飲む方にとって、気をつけなければならない怖い病気のひとつに、がんがあります。ウイスキーとがんの関係についてみてみましょう。
ウイスキーと糖尿病
ウイスキーは、糖尿病にどのような影響を与えるのでしょうか。糖尿病の場合、ウイスキー(アルコール)を飲むときに気をつけるポイントをまとめました。
ウイスキーと痛風
ウイスキーは、痛風になりにくいお酒であるといわれていますが、本当に痛風に良いのでしょうか?
ウイスキーと抗酸化作用
ウイスキーには、抗酸化作用があるとされています。ウイスキーに含まれる樽ポリフェノールが、活性酸素を除去し、アンチエイジング、病気の予防に効果があります。