キリン ロバートブラウン ジュニア キリンシーグラム (終売品)

キリン ロバートブラウン ジュニア キリンシーグラム(終売品)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

キリン ロバートブラウン ジュニア

キリンロバートブラウン ジュニアで、
今回のボトルはキリンシーグラムとなっております。

 

キリンシーグラムは、1972年に、キリンとアメリカのシーグラム社、
イギリスのシーバス・ブラザース社の合併で生まれた会社です。

 

今回飲んだのはキリンシーグラム表記で
1998年から2002年までの間で販売された物だと思われます。

 

ロバートブラウンには、デラックス、スペシャルブレンド、
ジュニア、スーパークリーンという風にバリエーションがありました。

 

1989年以前まで続いた従価税表記の時代では、
ロバートブラウンジュニアは旧1級の立ち位置のウイスキーでした。

 

買いやすく、飲みやすい特徴だったのかと思われますが、
調べてみても、詳しくは分かりませんでしたので許してください。

 

キリン ロバートブラウン ジュニア キリンシーグラム(終売品)

 

(参考価格)
・ブレンデッド
・アルコール度数 40度
・720ml 1500円(購入価格)

 

 

キリン ロバートブラウン ジュニアの飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、アルコールの刺激なく、黒糖っぽい甘さ、深みの在る樽香、
オレンジのような果実香、桃っぽさ、わずかにピートっぽさを感じられる。
味は、まろやかな口当たり、しつこくない杏のような甘さ、みたらしのコク、
ビターチョコのようなほろ苦さも、後味はコーヒーの酸味、余韻は短い。
安っぽさは感じられず、そこそこに香りと味にも厚みがあり、十分美味い。

 

(ロック)
香りは、いくらかは閉じ気味ではあるが、オレンジのようなさわやかな果実香、
桃の香り、ワックスのきいた木材、わずかにピート、花のような蜜の香り。
味は、トロリとした口当たり、ビターチョコレートの甘さとほろ苦さ、コーヒーっぽさ、
樽由来のエグみのあるフレーバー、嫌ではないがわずかにホコリっぽさもある。
ロックにすることで当然飲みやすくなるが、特に甘さと苦味のバランスがよく美味い。

 

(トワイスアップ)
香りは、最初は石鹸ぽい嫌な香りがしたが、次第にさわやかな柑橘系、
レーズンぽさ、ハチミツジュース、梅酒っぽい甘さ、ピートっぽさは無し。
味は、ダークチョコレートのような甘さとほろ苦さがあり、オレンジの皮。
加水すると、味は結構好みでしたが、石鹸ぽい香りがあり、ちょっと嫌でした。

 

(ハイボール)
香りは、レーズンぽさがある甘み、時間がたつと柑橘系のさわやかさ。
味は、ほのかな甘みがり、メインは柑橘系のフルーツの皮のほろ苦さ。
ハイボールにすると、違った印象が感じられ、これはこれで美味いですね。

 

 

キリン ロバートブラウン ジュニアの評価

個人的評価 ☆☆☆☆

 

思ったよりも香りがよく、飲みやすいので好印象でした。

 

しかし、いくら調べても詳しくはわからない謎ボトル。

 

以前ロバートブラウンスペシャルブレンドを飲んだのですが、
どちらかというとスペシャルブレンドよりもジュニアのほうが好みでした。

 

なんか、ちょうどいいというか、変にいじっていないというか、
素人にはよく分かりませんが、こっちのほうが好きです。

 

おすすめの飲み方は、ストレート、ロック、ハイボールです。

 

(スポンサーリンク)

ウイスキー関連記事

キリン 富士山麓 樽熟50°(終売品)
キリン 富士山麓 樽熟50°(終売品)の飲み方とレビュー、評価
キリン 富士山麓 樽熟原酒50°
キリン 富士山麓 樽熟原酒50°の飲み方とレビュー、評価
キリン クレセント キリンシーグラム(終売品)
キリン クレセント キリンシーグラム(終売品)の飲み方とレビュー、評価
キリン ロバートブラウン スペシャルブレンド キリンシーグラム(終売品)
キリン ロバートブラウン スペシャルブレンド キリンシーグラム(終売品)の飲み方とレビュー、評価
キリン ロバートブラウン デラックス キリンシーグラム(終売品)
キリン ロバートブラウン デラックス キリンシーグラム(終売品)の飲み方とレビュー、評価
キリン NEWS キリンシーグラム(終売品)
キリン NEWS キリンシーグラム(終売品)の飲み方とレビュー、評価
キリン ボストンクラブ キリンシーグラム(終売品)
キリン ボストンクラブ キリンシーグラム(終売品)の飲み方とレビュー、評価
キリン ヒップス キリンシーグラム表記(終売品)
キリン ヒップス キリンシーグラム表記(終売品)の飲み方とレビュー、評価