マンローズ キングオブキングス(終売品)

マンローズ キングオブキングス(終売品)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

マンローズ キングオブキングス

オールドボトルのマンローズ キングオブキングスです。

 

今回のボトルは、1980年代前半頃の陶器ボトルになります。

 

製造元はジェームズ・マンロー社。

 

オールド・パーの製造元の マクドナルド・グリンリース社の子会社です。

 

原酒にもオールド・パーと似たものが使われており、
キーモルトはグレンダランだといわれています。

 

マンローズ キングオブキングス

 

(参考価格)
・ブレンデッド
・アルコール度数 40〜43度(不明)
・750ml 3000〜4000円

 

 

マンローズ キングオブキングスの飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、ふわっと濃く甘いシェリー系の心地よさ、杏ジャムのまったり感、
黒糖っぽさ、古酒っぽさも、穀物感のある香ばしさ、全体的に甘い香りがメイン。
味は、濃く甘いレーズンのような凝縮された旨み、古酒っぽさのあるフレーバー、
麦芽っぽい穀物感、ビターチョコレートのほろ苦さ、後味は樽由来のフレーバー。
香りは、若干のヒネも感じられるが、全体的に芳醇、味は文句なしに美味い。

 

(ロック)
香りは、まろやかさはないがパッとシェリーのさわやかが出てくる、うっすら杏の甘さ、
黒糖っぽいニュアンス、瑞々しさのある木の皮、わずかにシナモン、後からピートが。
味は、スッとタンニンぽさとコーヒーっぽい酸味、柑橘系のフルーツのさわやかな甘さ。
古酒っぽいフレーバー、樽由来のエグみ、ビターチョコ、穀物感、ピートフレーバー。
ロックでは、甘さは控えめになるが、ストレートにはない風味が前面に出てきている。

 

(トワイスアップ)
香りは、程よいシェリー系の華やかさ、幾分かピートのニュアンスが強めになる、
柑橘系のフルーツの皮、樽由来のウッディフレーバー、ハチミツっぽさも感じられる。
味は、思ったよりも甘さは少なくドライな印象、じわりとほろ苦さを伴った甘さ、
樽由来のフレーバーとタンニン、ピートフレーバー、後味はわずかなエグみとビター。
加水すると、美味しくないわけじゃないのだけれども、なんとなく生きていない印象。

 

(ハイボール)
香りは、シェリー系だがスッキリでフルーティ、程よいさわやかな穀物感、梅酒っぽさ。
味は、しっかりとしたフルーツ系の甘み、樽由来のほろ苦いフレーバー、ビターチョコ。
ハイボールにしても、香りと味の特徴はしっかりとしていて、かなり美味く、飽きない。

 

 

マンローズ キングオブキングスの評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆☆

 

特級表示はないが、ボトルデザインからして1980年代前半らしい。

 

なので、コルクがグズグズで、開けたらコルクがボロボロに。

 

覚悟はしていましたが・・・。

 

このボトルを買おうとしている方は、コルクに注意です。

 

全体的に、シェリー系の香味が強く、けっこう好みでした。

 

ただ、加水すると、あまり良くないですね〜。

 

しかし、以外だったのは、ハイボールが美味かった。

 

おすすめの飲み方は、ストレート、ロック、ハイボールです。