グランツ ファミリーリザーブ(旧ラベル)

グランツ ファミリーリザーブ(旧ラベル)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

グランツ ファミリーリザーブ

お手軽ブレンデッドスコッチのグランツ ファミリーリザーブです。

 

今回は、いつの年代のものか分からないですが、
旧ラベルのちょい古のファミリーリザーブです。

 

生産しているのがウイリアム・グラント社といって、
有名なシングルモルトのグレンフィディック蒸留所を所有しています。

 

そのため、ボトル形状も似ているのですね。

 

ブレンドに使われているモルト原酒は、
グレンフィデック、バルヴェニー、キニンヴィで、
これに自社所有の蒸留所グレーンウイスキーをブレンド。

 

ブレンド比率はモルト65%、グレーン35%と
平均的な他社製品に比べ、モルトの比率が高くなっています。

 

グランツ ファミリーリザーブ(旧ラベル)

 

(参考価格)
・ブレンデッド
・アルコール度数 40度
・700ml 1400円

 

 

グランツ ファミリーリザーブの飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、ツンとしたアルコールの香りが目立つが、マスカットやブドウのような香り、
若々しい草のような香り、ピートは弱めながら、淡いスモーキーさも感じられます。
味は、マスカットやブドウのようなフルーツ感のある甘さ、うっすらバタークリームの甘さ、
アルコールの刺激は若干あり、後味はビターで、余韻は短くスッキリ。
フルーツ感ある甘みとバタークリームの甘みが感じられ、美味しく飲みやすい。

 

(ロック)
香りは、マスカットのようなフルーティな香り、弱めのピート、淡くスモーキー。
味は、スムーズな口当たり、まろやかなフルーティな甘み、バタークリーム、
柑橘系のフルーツの皮のような苦味、、後味はビター、余韻は短い。
ロックにすると、思ったよりも香りは閉じてしまうが、味わいは好印象。

 

(トワイスアップ)
香りは、柑橘系のフルーツの香りが強め、ハチミツ、マスカット、
樽由来の材木系のニュアンス、ピートやスモーキーさもわずかに感じる。
味は、ライトな口当たりで、スッキリとした酸味とコクのあるビター、
あとから控えめな甘さが感じられ、後味はビター、余韻は長め。
香り立ちは一番良く、味も甘いだけでなくビターがメインで美味しい。

 

(ハイボール)
香りは、ほとんど消えかかっている感じで、うっすらマスカットのような香りのみ。
味は、大分薄まって弱めだが、さわやなかフルーツ感のあるあっさりとした甘さ、
オイリーっぽさというかクリームのようなニュアンスもある、うっすらと酸味のある。
香り、味ともに伸びも悪く、ただただ薄くなりましたという感じで、美味しくない。

 

 

グランツ ファミリーリザーブの評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆

 

現行品はもうちょっと安く1000円前後。

 

ピートやスモーキーさはほぼ感じられないが、
さわやかでフルーティ、飲みやすく滑らかでバランスが良い。

 

アイラ系が好きな方には、ちょいと物足りないかも。

 

おすすめの飲み方は、ストレート、ロック、トワイスアップです。

ウイスキー関連記事

グランツ 12年(旧ラベル)
グランツ 12年(旧ラベル)の飲み方とレビュー、評価