グレンファークラス 10年

グレンファークラス 10年

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

グレンファークラス 10年

グレンファークラスのスタンダード銘柄のグレンファークラス 10年です。

 

グレンファークラスには、ノンエイジから40年熟成物、
ヴィンテージ表記の「ファミリーカスク」シリーズ等があります。

 

この幅広いラインナップの中でも、
グレンファークラス10年は、美味しい上にお手頃なので非常に人気です。

 

10年物でも、グレンファークラスの特徴である
シェリー樽ならではの甘い香りがしっかりと主張しています。

 

また、非常に飲みやすいため、女性からも人気のある銘柄です。

 

グレンファークラス 10年

 

(参考価格)
・シングルモルト
・アルコール度数 40度
・700ml 3200円

 

 

グレンファークラス 10年の飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、ふわりと甘くフルーティだが、ドライフルーツのコクをともなう甘さがある、
はちみつを思わせる芳醇さ、バニラ、シナモン、後からモルティな香ばしさも感じる。
味は、ミドルとライトの中間ぐらいの口当たり、コクとほろ苦さを伴うキャラメルの甘さ、
リンゴを思わせるフルーティな甘さと酸味が混じりあう、後味はモルティな穀物感。
ストレートでもアルコールを感じないくらい飲みやすく、香りや味も文句なしに美味い。

 

(ロック)
香りは、さわやかなリンゴのようなフルーティさ、はちみつレモンジュースのような甘さ、
麦芽の香ばしさ、バニラのコク、氷が解けて加水される程に、モルト感がでてくる。
味は、スーッとさわやかな甘さが目立つ、モルティな穀物感とほろ苦さが混じりあう、
フルーツ系のさわやかな酸味、氷が溶け出す程に、心地よいほろ苦さが出てくる。
氷が溶け出す程に、甘さから穀物感のる香ばしさへと変化していくのはイイですね。

 

(トワイスアップ)
香りは、ふわりとモルティな香ばしさや甘さが引き立つ、リンゴのようなフルーティさ、
シナモンのかかったアップルパイ、奥にコクをともなうはちみつっぽさも感じられる。
味は、スッキリとしたリンゴを思わせるような甘さに、モルトの香ばしさやほろ苦さ、
はちみつのコク、わずかにスパイシーさも、後味はスッキリでドライな印象です。
加水すると、香りと味ともに、モルティさが強く感じられ、ちょっと違った美味さがある。

 

(ハイボール)
香りは、ハイボールにしても弱くならず、シェリー樽由来のレーズン様の香りに
さわやかさがプラスになった印象、モルティな香ばしさもしっかりと感じ取れる。
味は、スッキリとした中にもコクがある甘み、はちみつっぽさ、穀物感のあるほろ苦さ。
すごく上品なハイボールという印象で、さわやかさ、まろやかさ、大人っぽさ?がある。

 

 

グレンファークラス 10年の評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆☆

 

グレンファークラス10年は、一言でいうと優秀なウイスキーです。

 

どんな飲み方でも美味いし、飲み飽きない。

 

シェリー樽系のウイスキーは、そんなに飲んだことはないのですが、
以前飲んだマッカラン12年とは違う方向性のシェリー樽系て感じ。

 

ちなみに、マッカラン12年よりも、グレンファークラス10年のほうが好み。

 

おすすめの飲み方は、ストレート、ロック、トワイスアップ、ハイボールです。