バランタイン 12年

バランタイン 12年

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

バランタイン 12年

バランタイン12年です。

 

ジョニーウォーカー、シーバスリーガルと並ぶ、
ブレンデッドスコッチの有名なウイスキー銘柄のバランタイン。

 

そのバランタインシリーズの12年です。

 

バランタイン12年は、スコットランドのスペイサイド、
ハイランド、アイラ、ローランドと、4つの地方の厳選されたモルト原酒や
グレーン原酒を40種類以上ブレンドしています。

 

40種類以上ブレンドだけでも贅沢なのに、
それが2000円台で買える幸せを味わうことができるウイスキーです。

 

バランタイン 12年

 

(参考価格)
・ブレンデッド
・アルコール度数 40度
・350ml 1200円
・700ml 2500円

 

 

バランタイン 12年の飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、まったりと甘いフルーツのような華やかな香り、バニラ、
ほんの若干のピート香がありますが、ほとんど目立つことはありません。
味は、香りからの印象とは違って、それほど甘くはなく、まろやかな口当たり、
クリーミーな印象が強く、後味は潮っぽいビター感を感じます。
アルコールの刺激は少なく、ストレートでも飲みやすく、それでいて複雑さを感じます。

 

(ロック)
香りは、甘さよりも酸味の利いたさわやかな香り、
ストレートに比べてピート香が出た感じで、バニラの香りは薄まりました。
味は、クリームのような、まろやかな甘みが前面にでてきて、
若干の酸味に、喉ごしはビターで、飲みやすい印象。
ストレートに比べれば、複雑さは感じなくなるが、
良い具合にクリーミーさ、まろやかな甘さや、ビターな後味を感じ取れる。

 

(トワイスアップ)
香りは、さわやかで、レモンや青リンゴのようなさわやかな香り、若干のピート香。
味は、口当たりまろやかでクリーミー、チョコレートのようなビターを感じます。
トワイスアップでは、クリーミーさがメインな感じで、甘さが抑えられ、
どちらかといえば、コクを感じるようで、これもおいしい飲み方です。

 

(ハイボール)
香りは、大分薄まりましたが、さわやかな酸味のある香りとピート香。
味は、若干の酸味の後に、コクのある飲み口になります。
下手なウイスキーで作るハイボールよりも、数倍うまいハイボールです。
コクとビター感をしっかりと残していて、これはこれで美味しいですね。

 

 

バランタイン 12年の評価

個人的評価 ☆☆☆☆☆

 

スコッチの12年のブレンデッドの為、予想通りの飲みやすさ。

 

個性は無いけども、いろんな原酒のイイとこ取りの優等生です。

 

ストレートからハイボールまで、そつなく、おいしく楽しむことができます。

 

また、ジャパニーズの12年に比べて、コストパフォーマンスもよく、
普段のお供として、家に常備しておいても良いウイスキーです。

 

おすすめの飲み方は、ストレート、ロック、トワイスアップ、ハイボールです。

 

ストレートで飲みにくい場合に、トワイスアップを試してみてもいいかもしれません。

ウイスキー関連記事

バランタイン ファイネスト
バランタイン ファイネストの飲み方とレビュー、評価
バランタイン ハードファイヤード
バランタイン ハードファイヤードの飲み方とレビュー、評価
バランタイン 17年
バランタイン 17年の飲み方とレビュー、評価