マクレランズ ローランド

マクレランズ ローランド

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

マクレランズ ローランド

シングルモルトのマクレランズ ローランドです。

 

マクレランズは、いわゆるボトラーズブランドのひとつです。

 

ボトラーズブランドとは、蒸留所から原酒を樽ごと買い取り、
自社で熟成・ボトリングして製品化したものを販売しています。

 

今回のマクレランズのウイスキーは、4種類のシングルモルトがあり、
スペイサイド、ハイランド、ローランド、アイラと地域ごとのラインナップです。

 

ちなみに、蒸留所銘柄はシークレットになっています。

 

ローランド地方には、かつては多くの蒸留所がありましたが、
現在モルトを販売しているローランドの蒸留所といえば、
グレンキンチー、ブラドノック、オーヘントッシャンの3つです。

 

近年では、新しい蒸溜所がオープンしています。

 

ダフトミル、アイルサ・ベイ、キングスバーンズ、アナンデール、エデンミルなどです。

 

ローランド地方の蒸溜所の最大の特徴は、
全部ではないですが、スコットランドで唯一の3回蒸溜法(通常は2回蒸留)です。

 

一言でいうと、比較的酒質はライトで、まろやかさがあります。

 

今回のマクレランズローランドに使用しているのは・・・

 

すまん、わからん。

 

マクレランズ ローランド

 

(参考価格)
・シングルモルト
・アルコール度数 40度
・750ml  1200円

 

 

マクレランズ ローランドの飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、原酒の若さからくるアルコール感、漬物のような乳酸系の酸味、
南国系のフルーツの甘さ、ハーブっぽさ、木材系の香り、穀物感の香ばしさ。
味は、口当たりはライトだが、原酒の若さから来るアルコールのピリピリ感は強い、
穀物感のあるほろ苦さとビスケットのような甘さ、柑橘系の酸味、後味はウッディ。
香りはいまいちだが、味は悪くない、だがアルコールの刺激が強いので、きつい。

 

(ロック)
香りは、柑橘系のフルーツと梅っぽさが混じったような、さわやかな甘さ、
わずかにモルティな穀物感、漬物系の発酵した酸味、ハーブっぽさがある。
味は、アルコール感はほとんど無く、ジワリと舌に広がるコクのある甘さと酸味、
それを中和するようにハーブっぽい植物感、後味は樽由来のウッディフレーバー。
ロックにすると大変身、香りと味のバランスが程よく、飲み飽きずに美味さが続く。

 

(トワイスアップ)
香りは、柑橘系のフルーツ感とレモングラスのようなハーブっぽさが交じり合う、
漬物のような発酵した乳酸系の酸味、樽由来のウッディさも感じられる。
味は、嫌なアルコールの刺激はなく、なめらかな口当たり、モルティな甘さと
香ばしさ、ヨーグルトのような乳酸系の酸味、わずかにウッディな余韻が残る。
ストレートで感じた嫌なアルコールの刺激は無く、なめらかで飲みやすく美味い。

 

(ハイボール)
香りは、さわやかなレモングラスのハーブっぽさ、樽由来のウッディネス、発酵系の酸味。
味は、樽っぽさが際立ち、ほろ苦さとはちみつ様の甘さが混じる、モルトの香ばしさ。
香ばしさとほろ苦さのバランスが良く、飲み飽きないハイボールという印象で、結構好き。

 

 

マクレランズ ローランドの評価

個人的評価 ☆☆☆☆

 

前回飲んだマクレランズスペイサイドに比べると
正直、あまり美味しくはなかったな〜という印象。

 

味はいいんですが、香りがやはり軽い。

 

まぁ、たぶん熟成期間が短いから、しょうがないんですけどね〜。

 

単体で考えれば、美味しいほうに入るんですけど、
どうしても比べてしまうのは仕方がないですね。

 

でも、安いから、いいとしましょう。

 

おすすめの飲み方は、ロック、トワイスアップ、ハイボールです。

ウイスキー関連記事

マクレランズ スペイサイド
マクレランズ スペイサイドの飲み方とレビュー、評価