アーリータイムズ ブラウンラベル

アーリータイムズ ブラウンラベル

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

アーリータイムズ ブラウンラベル

アーリータイムズブラウンラベルです。

 

バーボンといえば、ワイルドターキーとならんで
有名な銘柄の1つであるアーリータイムズです。

 

アーリータイムズにはイエローラベルとブラウンラベルがあります。

 

これは、製法の違いによって分けられています。

 

@原料
イエローラベルはトウモロコシ79%、ライ麦11%、大麦モルト10%、
ブラウンラベルはトウモロコシ72%、ライ麦18%、大麦モルト10%。

 

A発酵
イエローラベルとブラウンラベルとは、発酵に使うイースト菌も違います。

 

Bサワーマッシュの配分
ブラウンラベルは、ボディをしっかりとさせるために、
サワーマッシュの配分も比較的減らしています。

 

C再ろ過工程
ココナッツの皮をベースにした活性炭でのろ過はどちらも同じですが、
さらに、ブラウンラベルでは、イエローラベルとして造られた原酒と
ブラウンラベルとして造られた原酒を混ぜ合わせ
ピートをベースにした活性炭で再度ろ過しています。

 

アーリータイムズ ブラウンラベル

 

(参考価格)
・バーボン
・アルコール度数 40度
・700ml  1600円

 

 

アーリータイムズ ブラウンラベルの飲み方、レビュー

(ストレート)
香りは、ナッツような香りと弱めの接着剤のような香り、ハチミツ、バニラ。
味は、酸味をともなった濃い目の甘さ、樽由来のフレーバー、
後味はドライだが、ビターの余韻は長め、アルコールの刺激は弱めです。
ストレートでもアルコールの刺激は弱く、味や香りもクセが無く飲みやすい。

 

(ロック)
香りは、接着剤のような香りは無くなり、バナナやバニラの香りが目立ちます。
味は、口当たりはまろやかになり、オイリーな甘さが広がる、
その後に角の無い酸味がきて、後味の余韻はスッキリめのビター。
ロックにすると、ストレートは違った口当たりで美味しく飲めます。

 

(トワイスアップ)
香りは、さわやかな柑橘系の香り、バナナ、紅茶、バニラの香り。
味は、酸味とビターチョコのような苦味が先に立ち、甘さは控えめに。
香りの立ち上がりは一番良かったが、味についてはロックやストレートが好み。

 

(ハイボール)
香りは、バナナやバニラが主体となってます。
味は、あっさりとした甘さが先に出て、スッキリとした酸味と苦味。
香りと味の感覚がマッチしているハイボール、うまい。

 

 

アーリータイムズ ブラウンラベルの評価

個人的評価 ☆☆☆☆

 

バーボンというイメージに反し、非常に飲みやすい。

 

ほぼ、クセが無く、非常にスムーズで、
バーボンの入門用としてもいいかもしれません。

 

ただ、個性のあるバーボンがよい方は、物足りなく感じるかもしれません。

 

また、バーボンは比較的安いので、
お財布に余裕があれば、一度試してみもいいと思います。

 

おすすめの飲み方は、ストレート、ロック、ハイボールです。

ウイスキー関連記事

アーリータイムズ イエローラベル
アーリータイムズ イエローラベルの飲み方とレビュー、評価